【獣医が解説】猫の便秘の解消法!効果的な自宅での対策と予防法を伝授

猫の便秘の解消法 病気・症状
猫村
こんにちは。獣医師の猫村(@chata_nekomura)です。

あれ、なんか最近うちの子うんち出てない?

と猫がうんちをしていないことに気づいたあなた。

猫が便秘になったのではないか、苦しいんじゃないかと心配ですよね。

一口に「便秘」と言ってもその原因は様々なんですが、今回この記事では

  • 猫はなぜ便秘になりやすいのか?
  • 猫の便秘の症状
  • 便秘を様子見できる日数
  • 便秘を放置した結果
  • 動物病院での治療法と治療費
  • 自宅でできる便秘解消法と予防法
  • マッサージのやり方

など、猫の便秘のすべてをお伝えしていきます。

チャタ
たかが便秘とあなどるなかれ。

猫はなぜ便秘になりやすい?

まず便秘というのは、排便量が少なくなったり便が硬いため排出が困難になった状態のことです。

そして猫はもともと水分の摂取量が少ない動物のため便秘になりやすい体質(というかそういう動物種)なんです。

猫村
病院に来る子も圧倒的に犬より猫が多くて、飼い主さんからもよく相談されてました。

では、猫の本来の性質という理由以外に、他にどんな原因があるのでしょうか。

一つ一つ説明していきましょう。

神経障害による便秘

事故や先天性の病気など体に何らかの異常があることで大腸に分布している神経に障害が起き、本来の腸の働きが機能しなくなることによって便秘になることがあります。

異物の誤飲による便秘

異物の誤飲による便秘

おもちゃや鳥の骨などの異物を飲み込んだ場合、それらが腸内を通過する時に引っかかったり詰まったりしてスムーズに流れず、便の流れを物理的に止めてしまうことがあります。

猫が異物誤飲をした時の対処法

【危険】猫がひもやビニールを誤飲したら様子見は何日?即病院?獣医師が解説

2019年3月17日
猫村
実際に猫が飲み込んだものについても色々かいてあるので誤飲対策の参考にどうぞ。

腸が圧迫されて便秘

お腹の中の腫瘍、前立腺の肥大、妊娠などが原因で大腸が物理的に圧迫され、それにより便の流れが止まって便秘になります。

うんちが骨盤を通らず便秘

事故で骨盤を骨折したり、ホルモンのバランスが崩れるなどの病気で骨盤が変形したりして骨盤腔が狭くなり、便秘になることがあります。

生活環境(ストレス)による便秘

ストレスによる猫の便秘

例えば、

  • トイレの砂や本体が汚れている
  • うんちがなかなか片付けられない
  • 水やフードの食器が汚れている
  • 水が汚れている
  • トイレのそばに猫が嫌いな掃除機が置いてある
  • トイレの位置から外の野良猫がよく見える
  • 子供がよくちょっかいを出す
  • 外の工事の音がうるさい

などは物理的・精神的に猫のストレスとなり、便秘が加速する原因になったりします。

また、ストレス(緊張状態)で便秘になる仕組みはこのようになってます。

ストレスを感じると交感神経が優位になる

ところが腸の蠕動運動を支配しているのは副交感神経

つまりストレスが溜まると腸の動きが鈍くなる

食事による便秘

食物繊維の量が少ないフードの場合、便として腸にとどまる時間が長くなるので、その分腸からの水分の吸収が進んで便が硬くなることがあります。

猫村
腸はドロドロの排泄物から水分を吸収しながら形のある便を作ってるんだけど、水分を吸収しすぎると逆に硬い便になるんだよ。
チャタ
何事も適度が大事。

または単純に味が嫌いで食べる量が少なかったりすると摂取する栄養や水分量も減ることになり、その結果便秘になることもあります。

チャタ
まずーい、もういっ…いやいらん。まずい。

水分不足による便秘

水分摂取量が少ないとそれに比例して便に含まれる水分量も少なくなります。

その結果便が硬くなることでスムーズに排出されなくなったり、便が硬くて排便時に痛みを感じるので我慢するようになったりすることで、便秘につながっていきます。

また口から直接飲む水の他に、病気による発熱や脱水でも胃腸内に分泌される水分量が減り、便が小さくコロコロした状態になります。

毛玉による便秘

毛玉による猫の便秘

猫は体を舐めてきれいにするグルーミングという習性がありますが、その際毛を飲み込んでしまうことが多々あります。

特に長毛種などは舌に毛が絡まりやすいためよく飲み込み、結果お腹の中に毛玉となって溜まる場合があります。

これを毛球症といい、この毛玉が胃から腸に流れ、腸のどこかで詰まって便が流れるのを邪魔することで便秘になることがあります。

猫村
毛球症と言えば猫とうさぎが多いんです。

運動不足による便秘

運動不足で便秘になる理由としては、

運動量が減る

腹筋が衰える

腸の動きが鈍くなり便秘になる

運動しない

お腹が空かない

ご飯を食べない

栄養や水分量が減り便秘になる

運動しない

肥満猫になる

脂肪が内臓を圧迫し、胃腸の働きが鈍くなる

体が重いので動きたくなくなる

より運動しなくなりより肥満猫へ

などのパターンが考えられます。

直腸憩室による便秘

直腸憩室(けいしつ)というのは直腸の腸壁が外側に向かってポコっと袋状に飛び出した状態のことで、逆に便秘が原因となって起こることも多いです。

チャタ
大腸の途中にポコッと休憩室があるみたいな。
猫村
完全にそんな発想のネーミングだよね。

この憩室が炎症を起こすことで大腸が細くなったり他の臓器に癒着したりして、便の流れが悪くなり便秘になることがあります。

その他

単純に下半身のどこかに痛みがあって、排便の姿勢がとれないorとりたくないことで便秘になることがあります。

猫の便秘の症状は?

猫の便秘の症状

初期の頃の特徴は、

ウーンと排便姿勢をとってがんばるのに便が出ない→何度も繰り返す(この時トイレで鳴くことも)→飼い主がサインに気づく→食事を変えたり病院に行くなどして対策がとられる

という感じでわりと早期に解消されることもありますが、猫によっては排便姿勢をしない子もいて飼い主が気づかないこともあり、その場合は

便秘が長期化する→大腸内の便が石のように硬くなり溜まっていく→食欲不振、元気がなくなる、時に嘔吐

といった症状が出てきたりします。

ちなみにうんちの状態は、

健康な時のうんち
人差し指くらいの長さで、色は明るい茶色〜焦げ茶色でツヤがある。基本的に1日1〜2回。
便秘の時のうんち
コロコロとした球状の便で、色は暗い焦げ茶色〜黒。見た目も硬そうだけど実際硬い。
猫村
石みたいなのがゴロゴロ腸に詰まってる状態だから吐いちゃうんです。

猫の便秘は何日まで様子見していい?

これもよく聞かれる質問なんですが、毎日排便する子もいれば2日に一回の排便で元気な子もいるので、その子の食事内容や生活スタイルによって様子見の基準も変わってきます。

なので一概にこうと言える日数はないんですが、基本的に猫が元気にしてる場合は2~3日は食事内容や生活環境を見直しつつ様子見をしてもいいと個人的には思っています。

猫村
ここの基準は獣医師の中でも分かれるところ。

ただし食事改善などの対策をとっても同じ状態か続いたり繰り返す場合、また吐くなどして様子がおかしい時は動物病院に連れて行ってみてもらう必要があります。

チャタ
とにかく様子を見ながら対応することが大事。

猫の便秘を放置するとどうなる?

猫の便秘を放置した結果

猫の便秘が慢性化すると結腸内に便が溜まり続け、結腸が拡がった状態になります。

これを巨大結腸症と言い、やはりペットの中では猫に発生頻度が高いものになります。

チャタ
巨大結腸症の特徴は、しぶりと便秘を繰り返すこと。
猫村
「しぶり」というのは、頑張って排便しようとするけど下痢のような水分の多い粘り気のある便が少しだけ出る状態のことだよ。

この状態になると大腸が拡張してしまっているため便秘は繰り返し起こり、食事など外部からの改善だけでは治らない場合が多いです。

その場合は毎回病院で便をかき出してもらうか、手術で拡がった腸の場所を切ることもあります。

動物病院に行った場合の治療法と費用

このように便秘は放置すると他の病気も絡んできたりで後々やっかいなので、自宅で解消できない場合は早々に病院に連れて行くのが吉です。

では病院では一体どんな治療をするのでしょうか。

猫の便秘の治療法

猫の状態によっても変わってきますが、一般的に次のような方法があります。

処方食を出す

普段のフードを食物繊維を多く含む処方食に切り替えたり、いつもの食事に適当なバランスで混ぜて与えてもらうこともあります。

猫村
これで様子を見て改善されるようなら一番だよね。
チャタ
うむ。体に負担がないのが一番。

処方食としてはロイヤルカナンの「消化器サポート(可溶性繊維)ドライ」を処方する先生も多いかと思いますが、これは処方食ではあるものの実はネットでも購入可能なため、続けて食べさせたい飼い主さんが個人で購入されることもあります。

しかしその際間違えやすいのがただの「消化器サポート ドライ」を購入される場合で、こちらを与えてしまうと逆に便秘を促す結果にもなりますので注意が必要です。

「消化器サポート(可溶性繊維)ドライ」は便秘の時に、「消化器サポート ドライ」は主に下痢の場合に処方することが多いフードです。

私の立場としてはネットで購入しろともするなとも言えないのですが、購入した結果猫に被害が行くのを防ぐためにあえて注意事項として書いておきます。

浣腸をする

グリセリンや温めた生理食塩水などで浣腸し、便を出してあげる方法です。

浣腸をするとそれ自体が刺激になって便通を促したり、グリセリンで便の滑りが良くなったり便がやわらかくなることで痛みを抑えつつ硬い便も出やすくなってきます。

猫村
ただし副作用というか、やりすぎると体が慣れて効果がなくなってしまうこともあるよ。
チャタ
やりすぎ厳禁。

便を粉砕する

便を粉砕して便秘解消

宿便が大きくなりすぎて骨盤を通らない状態になっている時は、お腹を圧迫して外側から便を細かく小さく押し砕いて、骨盤を通る大きさにしていきます。

チャタ
く、砕けない…ッ!

という硬さの場合は手術で取り除く可能性もあります。

摘便(てきべん)する

摘便といって、器具や指を使って直接便を出してあげる方法をとることも多いです。

猫村
おしりから器具や指を入れて少しずつ溜まっている便を掻き出すんだけど、激しく抵抗されることも多々ありで。
チャタ
そりゃ気持ち悪いからね。

という場合には麻酔をする可能性もあります。

薬やサプリを処方

便の水分を保持して硬くなるのを防いだり、胃腸の動きをよくしたりする薬やサプリを処方することもあります。

ラクツロースやサイリウム、流動パラフィン、ピコスルファートなど獣医師によって処方するものは色々です。

手術する

先ほどもちょっと説明したように、便が硬く大きくなりすぎて粉砕できなかったり巨大結腸症で便秘が進行していく場合などは、開腹して直接原因にアプローチして治療することもあります。

診療料金

猫の便秘の治療費

動物病院での便秘の治療費は、上述したように治療方法によっても変わってきますが、手術以外の処置については5,000円前後+フード代、手術の場合は10万円前後~といったところでしょうか。

(参考:日本獣医師会による小動物診療料金実態調査

ただし治療費についてはそれぞれの動物病院でかなりピンキリなので、不安な場合は治療の前にいくらくらいかかるのか聞いてみるといいと思います。

病院側も聞かれた場合は普通に計算して教えるので、躊躇せず全然聞いてもらって大丈夫ですよ。

自宅でできる猫の便秘の効果的な解消・予防法

では次に、飼い主がお家で便秘の猫にしてあげられる対策について解説していきます。

以下の対策をするだけで便秘が解消されることも少なくないので、便秘の解消と予防のためにしっかり対策を取っていきましょう!

フードを変える

いつもの食事を食物繊維のより多く含まれるキャットフードに変えることで、便の出が良くなることがあります。

猫村
食物繊維の量はパッケージの成分表を見れば書いてあるよ。

毛玉をよく飲み込んでしまう長毛種の場合などは、毛玉の排出をサポートしてくれるフードに変えてみるのも効果的でしょう。

また単純に猫がフードの味を嫌いで食べる量が少ない場合は、いろいろと試してみて猫が好きな味を見つけてあげることで食欲も増し、栄養と水分摂取量も増え、結果便秘が解消されることもあります。

飲水量を増やす

飲水量を増やして便秘解消

一番大切と言ってもいいのがお水です。

いくらフードを変えても猫が水を飲まない状態だと意味がありませんし、フードの能力を最大限発揮させるためにも猫に水を飲んでもらう工夫が必要です。

こちらに関してはお水を温めたり食器を変えたりなど色んな対策が取れますが、少し長くなるため詳しくはまた別の記事でしっかり説明させていただきますね。

運動させる

便秘の解消には適度な運動も効果的です。

人間の場合も同じですが、猫も適度に身体を動かすことで腸の動きが良くなり、腹筋が鍛えられることで腹圧も増し、便通が良くなります。

猫村
おもちゃでたくさん遊んであげてね。
チャタ
ヒャッハー遊んで遊んで。

食事にトッピングをする

オリーブオイルで便秘解消

薬膳料理の感覚で、便秘に効く食材をフードにちょっとトッピングしてあげてみてください。

  • かぼちゃ
  • サツマイモ
  • オリーブオイル、アマニ油、サラダ油

野菜は必ず茹でたり蒸したり熱を通し、オイルはかけすぎ厳禁です。

猫村
オイルは一回につき小さじ半分弱くらいがおすすめ。

野菜については玉ねぎなど猫が摂取してはいけないものや食物アレルギーを持つ場合もあるので、試す前にかかりつけの獣医師に相談してみてくださいね。

生活環境の改善をする

猫の生活環境を整え、ストレスをなくしてあげることも大切です。

例えば

  • うんちはすぐに片付ける
  • トイレ本体や周りをきれいに保つ
  • 食器は食事ごとに毎回洗う
  • 水は1日2回は変える
  • 猫の嫌いな電化製品はしまっておく
  • 猫が苦手な人はなるべく近づかせない

などの対策がありますが、具体的にはあなたの猫の様子を見て判断してみてくださいね。

腸のマッサージをする

お腹のマッサージをして腸を刺激してあげるのも効果的です。

よく「の」の字にマッサージするといいと聞いたことがあるかもしれませんが、その理由は腸の位置にあります。

腸マッサージの仕方

実は腸はこんな感じで最後に「の」の字で走行しているんです。

つまり便は最後に「の」の字に走行した後おしりから出てくるので、この腸の位置をなぞるようにマッサージしてあげることで便を出やすくしてあげることができるんです。

こちらの動画のようになんとなーく動きが「の」になっていればOKです。

よく分からない場合は猫が気持ち良い程度にお腹をモミモミしてあげるだけでも刺激になるのでOKです。

動画の中ではツボの話もしてますが、この点は特に気にせず猫が気持ちいい程度のモミモミ加減で毎日マッサージしてあげるといいと思います。

ただし嫌がる子に無理やりモミモミすると逆にストレスになって本末転倒になってしまうので、必ず猫の様子に注意しながら行ってくださいね。

まとめ

猫の便秘のまとめ

猫は本来水をあまり飲まない動物なので便秘になりやすい性質を持っています。

便秘を放置すると巨大結腸症など重大な病気に発展してしまうこともあるので、普段から猫の様子を注意して見て、毎日の排便チェックは欠かさず行うことが早期発見のためには重要です。

1日2日なら出ないこともたまにあるかもしれませんが、排便なしの状態が続くようなら早めに動物病院に連れて行ってあげてくださいね。早目に処置をすればするほど、結局はかかる費用も抑えられることになります。

また自宅でできる対策についてもぜひ実行してみてくださいね。

便秘の初期の状態なら病院に行かずに解消できる場合も多いですし、何よりこの先の予防にもなります。

マッサージも猫との良いスキンシップになるし、猫も飼い主も癒され、さらに体に異常があればいち早く気づくこともできるので一石三鳥です。

愛猫が便秘に苦しむことなく毎日快便生活を送れるよう、ぜひ対策をとってあげてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。