【獣医が解説】猫用グレインフリー最大のデメリットは「特にメリットがない」こと

グレインフリーのデメリット キャットフード
猫村
こんにちは。獣医師の猫村(@chata_nekomura)です。

「グレインフリーキャットフード」がますます流行していると感じる今日このごろですが、今回はグレインフリーキャットフードのメリットとデメリットについて語らせていただきます。

…というかもう題名で出落ちをしているわけなんですが(笑)、今回の記事ではそのあたりの理由とともに、

  • そもそもグレインフリーとは?
  • 一般には語られないグレインフリー製品ができた理由
  • グレインフリーとノンシリコンシャンプーの意外な共通点

などについても解説していきたいと思います。

猫村
獣医の間ではグレインフリーは正義でも悪でもなく、ただのマーケティング(販売戦略)の一つとして捉えてます。

グレインフリーとは

グレインフリーとは?

キャットフード業界やネット上でもてはやされるようになった「グレインフリーキャットフード」ですが、そもそもそれがどんなフードなのかを改めて簡単に説明しておきます。

グレインフリーキャットフードとは、その名の通り「グレイン(穀物)」が「フリー(入っていない)」のキャットフードのことです。

そしてペットフードに使用される穀物として代表的なのは、小麦・大麦・とうもろこし・米などです。

猫村
ウェットタイプまで出てるとは!本当に流行ってます。

ではなぜ最近になって穀物を加えないキャットフードが作られ始めたのでしょうか。

「グレインフリー」が作られた本当の理由?

その理由は

  • 猫はそもそも完全な肉食動物なので、人間とは違って炭水化物からではなく、主にタンパク質からエネルギーを得ている。
  • 野生の猫は穀物を食べないし、必要としていない。
  • 猫の胃腸は穀物の消化を苦手とするため、穀物を食べると体に負担がかかる。

などがあげられ、こういった理由から、ドライフードも本来の猫の食事内容に近づけ、自然に近い構成にするため、原料から穀物が抜かれたというわけなんです。

チャタ
まあそれが一般的な理由だね。

もう一つ、動物業界の目線から見ると、また別の見方があります。

それがこちら。

【理由1】

2007年にペットフード大量リコール事件が発生

ペットの死亡は、有毒物質メラミンが混入した中国産の「小麦グルテン」を含むペットフードを食べたことが原因とされる

それに関連し、中国産の他タンパク質製品(小麦グルテン、米グルテン、とうもろこしグルテン、大豆グルテンなど)にも疑惑の目が向けられる

グルテンのイメージが最悪に

グルテンを含まない製品を希望する飼い主が急増

【理由2】

2010年頃から海外を中心に「グルテンフリー・ダイエット」が流行

プロスポーツ選手や海外セレブが実践していることから日本でも話題に

グルテンフリーという言葉がプラスのイメージで日本にも浸透

(参考:2007年のペットフード大量リコール事件グルテンフリー・ダイエット

猫村
グルテンフリーダイエットはテニスのジョコビッチ選手が実践してるってことでも一時期話題になったよね。

したがって、猫が本来肉食であるからということももちろん理由の一つではあるのでしょうが、

おそらくは世間で「グルテンを含まない製品が人気」になったことから、動物業界でもその流れに乗り、ペット用グルテンフリー製品を作ることで販売戦略を立てたのが本当の理由ではないかとも言われています。

では、根本の理由として挙げられた「猫に穀物は本来必要ない」の部分ですが、このあたりについてもう少し詳しく説明していきます。

猫に穀類をあげてはダメなのか?

グレインフリー製品には、

「猫に本来穀物は不要であり、消化もしにくいため胃腸に負担がかかっている。完全肉食の猫に合った、もっと本来の内容に近い食事を」

というアピールポイントを多く見かけますが、ここにはいくつかの矛盾点があります。

一つは、野生の猫でも獲物の内蔵で消化された穀物を摂ることはあったでしょうし、ペットフードに入っている穀物も、もちろん熱を通して消化できるようにした状態で配合されています。

生ではいっているわけではありません。

また肉食動物は、確かに草食動物に比べると腸管が短く、消化に時間がかかる食べ物は苦手ですが、専門書によると、

家猫は同じ大きさの野生の猫よりも腸管が1/3長い。

 

とされています。(参考:「新編 比較家畜解剖図説」)

つまり、家畜化された猫はその生活環境に合わせてすでに身体が変化しているので、多少食物繊維が入ってようが、胃腸はそれに対応できる能力をすでに獲得しているので特に問題はないと考えられます。

またさらに言うと、

チャタ
穀類が不要だったら芋類もハーブ類も不要なはずだけど、なんか色々入ってるよね。

と、他の原材料の不要説も出てきて、だったらもう生食(生肉とか生魚とか)しかないという話になってしまいます。

猫村
でも生は生で、また寄生虫や細菌、ウイルス感染の問題も出てきます。

以上の理由から、ペットフードに含まれる穀類の摂取に関しては、適量であればまず問題ないと考えられます。

グレインフリーキャットフードのデメリット

以上に述べたように、猫に穀物をあげても特に問題はありません。

むしろ家猫となった猫は、その環境に適応した身体を手にしているとも言えます。

ということは、グレインフリーをあげることの最大のデメリットは明白です。

グレインフリー最大のデメリット

毎日の食事をグレインフリーフードに替えることで、健康な猫が得られるメリットは特にないため、最大のデメリットは「メリットが特にないこと」と言えるでしょう。

(根拠がないことは、こちらの「Grain-Free Diets-Big on marketing,Small on truth」でも証明されています。)

チャタ
研究結果とかの根拠が全然ないんです。

おそらくなんですが、グレインフリーを選ぶ飼い主さんは、猫のために少しでも良いものをあげたいという猫思いの飼い主さんが多いように感じます。

また飼い主さんに限らず、「〇〇フリー」という言葉にはプラスのイメージがあるため、実生活においてもそういった商品を選んでしまう方々は多いようです。

猫村
何となく手間をかけてそうな、安全に配慮してそうな、安心感のある響きですよね。

ですが実際のところ、例えばグレインフリーフードを与えることで

  • 寿命が長くなった
  • 病気にかかりにくくなったor改善した
  • より健康になった

といった猫の健康に関して特に効果が見られたという報告はなく、また穀物を含むフードと含まないフードで猫の健康に差が出たという研究結果などもありません。

ですので、多くのグレインフリーを売り出す会社が「猫は本来穀類を必要とせず消化にも良くないので、キャットフードから穀類を抜いています」という文言でおすすめしているのが現状です。

チャタ
あれば広告でそれを全面的に出すよね。

では、メリットのない点以外のデメリットについてはどうでしょうか。

グレインフリーは値段が高い

これは、グレインフリー製品全体の持つ特徴ですが、総じて商品の値段が高いです。

理由はおそらく、まずグレインフリーに興味やこだわりを持つ飼い主さんは、その他の原材料に関してもこだわりを持ったり安全性などを気にされる方が多いようです。

なのでグレインフリーで売り出すならば、

その他の原材料にもこだわらなければ飼い主さんの手にとってもらえない

原材料にこだわる飼い主さんは高くても買う

良い原材料を使ってることもアピールと価格説明の一つとなる

という造り手側の意図も入り、原価の高い原材料を多めに使うだとか、意図的に強気設定にしたり(?)だとかで、結果として高くなっているのかなと思っています。

猫村
市販と比べると、特に通販の商品は本当に高いものが多いです。

グレインフリーは腹持ちが悪い(ものもある)

食物繊維を豊富に含む穀物は、身体に入るとゆっくりと消化されていくため、グレインフリーにするとお腹が空きやすいという子もいるようです。

「お腹が空いてかわいそうだから」と追加であげてしまうと肥満の原因にもなるため、あげたい気持ちをぐっと我慢するなど注意が必要な場合もあります。

チャタ
腹持ち云々は製品によるところが大きいけどね。

またこういったデメリットのほか、「グレインフリーにすると便秘になる」とか「腎臓病の子にはあげてはいけない」「グレインフリーで心臓病になる?」などの話も聞きますが、続いてこの真相についても見ていきましょう。

猫はグレインフリーにすると便秘になる?

普通のフードからグレインフリーフードに替えると、

「うんちの量が減った」

という話を聞くことがありますが、これは一体なぜなのでしょうか?

便の量が変わる原因は、フードに含まれる食物繊維量の違いや、水分摂取量が原因であることもよくあります。

(肥満とか病気とかもありますが、詳しくは別記事をご覧ください。)

猫の便秘の解消法

【獣医が解説】猫の便秘の解消法!効果的な自宅での対策と予防法を伝授

2019年3月22日

例えば米やとうもろこしなどの穀物には食物繊維が豊富に含まれていますが、グレインフリーにはその穀物が入っていません。

食物繊維は消化されないためそのまま腸を通過して便として排泄されますが、グレインフリーは穀物を含まないため、その量が少なくなっている可能性もあります。

チャタ
食物繊維は腸内のゴミを絡め取りながら(掃除しながら)出てくるイメージ。

また、フードを替えたことで飲む水の量が変わることもあるため、それが原因になることも考えられます。

チャタ
うんちの半分以上は水分でできているから。

なので、グレインフリーに替えて便の量が減ったというのは、掃除されて出てくる腸内細菌の死骸や繊維などの量が減ったことや、便に含まれる水分が減ったことが原因かと思われます。

ちなみに、逆にグレインフリーに替えて便の量が増えたという話も聞くので、一概にグレインフリーだから便秘になるとも言えないようです。

知名度のあるグレインフリーフードに含まれる繊維量を調べてみたところ、

  • カナガン・・・1.5%
  • ピュリナワン・・・2%以下
  • グランツ・・・2.3%
  • ホリスティックブレンド・・・3%以下
  • アカナ・・・3%以下
  • ニュートロ・・・4%以下
  • ナチュラルバランス・・・4%以下

(原材料によって多少の差あり)

と様々なので、切り替える前に食べていたフードとグレインフリーフードの成分の違いによって便の量が変わると考えられます。

猫村
例えば以前与えていたフードがグレインフリーフードよりも食物繊維の量が少なかった場合、逆にグレインフリーでうんちの量が増えることもあります。
チャタ
なるほど。てことは巷で言われる「うんちの量が少ない=良質のフード」ってわけでもないのね。

グレインフリーは猫の腎臓に負担をかける?

また、

「グレインフリーは良質のたんぱく質をたくさん使っているけど、逆にたんぱく質が多いので腎臓病や高齢の猫にあげるときには注意して」

という話も聞きます。

チャタ
じゃあオールステージ(全年齢)対応って一体…。
猫村
うん…。あと腎臓の悪い子にはその病気や状態に合ったフードをあげるべきで、グレインフリー云々の話ではないね。

また気になったので、一部商品のたんぱく質成分を見比べたところ、

(グレインフリー製品)

カナガン・・・37%

ピュリナワングレインフリー・・・35%以上

(一般製品)

サイエンスダイエット避妊去勢用・・・33.4%

ピュリナワン避妊去勢用・・・38%以上

など、これ以外にも色々見てみましたが、タンパク量に大きな差はないかなといった印象でした。

なので、グレインフリーが特別腎臓に負担をかけるかというと、そんなこともないのかなと思います。

猫村
ただ、個人的には猫にはその年齢にあった成分の配合をしてあるフードをあげた方がいいとは思っているので、うちの老猫には高齢用の食事をあげています。

グレインフリーで拡大型心筋症(心臓病)になる?

こちらは2019年6月にアメリカのFDA(食品医薬品局)が発表した内容になりますが、そこでは

グレインフリーフードが犬の拡大型心筋症と関連している可能性がある

との見方が示されています。

(参考:グレインフリーの餌、犬の心臓病と関連か Yahooニュース)

今回の発表では明確な根拠までは示されず、また猫の症例数が少なかったため犬に限った発表とはなりましたが、このような発表の仕方である以上は、やはり何らかの関連性はあると見ていいと思います。

結論は今後の調査結果を待つしかないですが、やはり個人的には色んな種類のフードをあげるのが、リスク分散の意味ではいいのではないかと思っています。

チャタ
同じものをずっと食べてると、蓄積されるもの、足りないものが出てきやすいからね。

 

ところでちょっと話は変わるのですが、私はこれは過去に流行った「ノンシリコンシャンプー」の流行に似ていると思っています。

チャタ
何だいやぶから棒に。
猫村
これ、どうしても言いたくて。共感してもらえるかな。

理由を以下に簡単に説明するので、お時間あればお付き合いください。

「グレインフリーフード」は「ノンシリコンシャンプー」に似ている

ノンシリコンシャンプーとグレインフリー

今では普通にドラッグストアなんかでも売られてる「ノンシリコンシャンプー」ですが、ブームになったのは大体2010年を過ぎた頃でしょうか。

ちょっと記憶が曖昧ですが、多分このぐらいでしょう。

一時期のブームほどではないにせよ、現在まだまだノンシリコンシャンプーの人気は根強いですが、ブームから約10年たった今、ノンシリコンシャンプーについてごくごく簡単にまとめてみます。

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプー
出始めた当初
  • シリコンは毛穴に詰まると頭皮に悪影響を与えるので危険
  • シリコンは人工物で油のようなものだから頭皮に良くない
  • つまりシリコン=悪
  • ノンシリコン=正義
  • だからノンシリコンシャンプーを選んだほうが良い
現在
  • シリコンは髪の表面をコーティングして保護する成分
  • シリコンは通常の洗髪で流れ落ちる程度のものだから頭皮に残ることはほとんどない
  • つまりシリコン自体に特に害はない(=良くも悪くもない)
  • ノンシリコンだから頭皮に良いわけではなく、傷んだ髪には逆効果になることもある
  • ノンシリコンシャンプーにはシリコン以外の別の化学成分が使用されていることもある
  • 結局シャンプーの良し悪しが決まるのはシリコンではなく洗浄剤

と、過去と現在の評価はこんなところでしょうか。ネットでググれば山のように情報はあり、専門家(美容師さんとか皮膚科医とか)も下のグレーボックスにある意見を持つ方が多いようです。

猫村
ちなみに流行り始めた当時、行きつけの美容師さんは下のグレーボックスに書かれたような意見を言ってました。さすが!

グレインフリーキャットフードとノンシリコンシャンプーの高すぎるシンクロ率

グレインフリーキャットフードとは

さて、このノンシリコンシャンプーの流れはものすごく今流行りのグレインフリーフードと似ていて(と私は思っていて)、

グレインフリーフードの現在
  • 本来肉食の猫に穀類は必要ない
  • 猫は肉食だから穀物の消化が苦手(消化不良や消化器障害を起こす)
  • 穀物は猫にアレルギーを起こす可能性があるから危険
  • つまり穀物=悪
  • ノン穀物=正義
  • だからノン穀物(グレインフリー)を選んだほうが良い
グレインフリーフードの実際
  • 猫は確かに肉食だけど、ネズミや鳥など獲物の内蔵から消化済みの穀物を摂ることもあった
  • ペットフードとして適切に処理された穀物は猫も消化できる
  • 現状として、穀物アレルギーをもつ猫自体は少ない(多くは肉類や乳製品のアレルギー)
  • つまり穀物自体に特に害はない
  • むしろ適量の穀物を含めることで、自然な栄養バランスが取れる場合もある
  • グレインフリーは、穀物の代わりにイモ類などの炭水化物(じゃがいもとかさつまいもとか豆類とか)に置き換えらている
  • グレインフリーだから健康に良いわけではなく、むしろ置き換わった炭水化物で消化不良を起こす可能性もある
  • 置き換わった原材料によって高価になっている可能性もある
  • 結局キャットフードの良し悪しが決まるのは穀類云々の話ではない

と置き換えることができるんです。

どうです、似てると思いませんか?

つまり、結論としてはやはり、「穀物は適量であれば入っていても入っていなくてもどちらでもいい」ということなんです。

グレインフリーキャットフードの市販でオススメできるもの

さて、ここまでグレインフリーは内容的には特に猫に大きなメリットもデメリットもないと書いてきましたが、つまりそれは、普通の食事の一つとして考えていただいて結構ということです。

チャタ
つまりグレインフリーは味の変化、食事メニューの一つ。

療法食ではないので、特別高価なものを選ぶ必要もありません。

私が市販でオススメするのは、ピュリナワンから出ているグレインフリーです。

こちらは大手ネスレが開発したキャットフードの一つで、質が良い割に値段もかなりリーズナブルなので、もし試してみたいという方にはおすすめです。

特典付きのキャンペーンもやっているので、興味があれば見ていただけたらと思います。

(ちなみにうちの猫たちのメインもピュリナワンです。定期便だと安いし便利ですよ。)

ピュリナワン公式サイト

ピュリナワンについての獣医師の本音

獣医が評価!猫用ピュリナワンの評判・口コミは本当?グレインフリーはおすすめできる?

2019年6月9日

まとめ

グレインフリーキャットフードまとめ

いかがでしたでしょうか?

そもそも穀類を使用しないことで得られる明確なメリットの根拠がないグレインフリーフード。

これはつまり、実際には穀物が入ってようが入ってなかろうが、健康な猫の場合は特にその点については購入の際気にしなくて大丈夫ということです。

また、穀類を芋類などの炭水化物に置き換えていない従来のキャットフードの方が、実は栄養成分的には優れている場合もあるので、迷っている場合は無理にグレインフリーのフードを選ぶ必要はないでしょう。

猫村
味の変化を求めたり、ローテーションに加えたりとかがいいのかなと思います。

というわけで、この記事でグレインフリーの本当の特性を知り、愛猫の日々の食事のバリエーションの一つとして捉えていただけたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。